秋田市で2016年、児童養護施設から一時帰宅中だった千葉愛実(めぐみ)さん(当時9歳)が妄想性障害を患う母親に殺害された事件を巡り、父親(46)=仙北市=が「行政の対応の不備で事件が起きた」として児童相談所を管轄する県と母子が暮らしていた大仙、秋田市を相手取り、約8000万円の損害賠償を求める訴訟を7日、秋田地裁に起こした。

https://mainichi.jp/articles/20190608/k00/00m/040/034000c

Source: アルファルファモザイク