朝鮮半島 朝鮮人教授 延世大地球システム科学科 東日本大震災以降 地震に関連した画像-01
一方で、2011年3月の東日本大震災以降、朝鮮半島で地震の発生回数は増えている。
気象庁が観測を開始した1978年以降、朝鮮半島で観測されたM5.0以上の地震は計10回で、その半数が東日本大震災が起きた11年以降に起きている。

韓国・延世大地球システム科学科のホン・テギョン教授は東日本大震災以降、朝鮮半島で地震の発生頻度が増加し、規模も大きくなっていると指摘。
「地震のエネルギーが周辺地域に広がり、朝鮮半島の地震を誘発している」と説明した。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190623000200882?section=society-culture/index

Source: アルファルファモザイク