1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/06/23(日) 15:57:43.54 ID:ID:3cXj+H060●.net
アース製薬の“害虫飼育女子”が教える「ゴキブリとの戦い方

猛暑だった2018年の夏。「今年はあまり蚊に刺されなかった」という人も多いのではないだろうか。地球温暖化による
影響で厳しい夏が続く昨今、気温35度を超す環境は蚊にとっても過ごしにくいらしい。その代わり、秋になると、それまで
静かにしていた蚊が大量発生し、活発に動き出すという。

そんな蚊やゴキブリの生態を知り尽くす女性が、虫ケア用品メーカー最大手のアース製薬にいる。商品開発や生態研究に
必要な実験用害虫を育て管理する飼育員、有吉立課長だ。18年7月、20年間の飼育員生活で蓄積した害虫の生態を
まとめた書籍「きらいになれない害虫図鑑」(幻冬舎)を出版。「害虫でも、その生態を知れば怖くない」と話す。

60万匹がすむゴキブリ部屋の実態

赤穂義士で知られる兵庫県の赤穂市。カキの養殖で有名な坂越湾を望む海辺の町に、アース製薬の坂越工場と
研究所がある。かつては本社があった同社の発祥地。主力工場では、全社売上げの6割近くを占める虫ケア用品の
生産を担う。

生物研究棟の2階にあるのが「生物飼育エリア」。同社研究開発本部生物研究課に所属する飼育員、有吉課長の職場だ。
飼育室には、国内外に生息するゴキブリやアリ、ハエ、蚊、ネズミなどの害虫が約100種類。ゴキブリは100万匹、
蚊とハエで10万匹、ダニ1億匹など。規模が大きく、害虫研究施設としては他に類をみない。

なかでも見学者の度肝を抜くのが、60万匹のワモンゴキブリを放し飼いにしている「ゴキブリ部屋」だ。
6畳ほどのスペースには、紙管が何百本も敷き詰められ、室内が焦げ茶色になるほど大量のゴキブリがうごめいている。

入社2年目で、有吉課長はゴキブリの担当になった。

「最初の仕事はこの部屋の掃除でした。ほうきとちりとりを持って入り、ゴキブリの糞を掃除したり、窓ガラスを拭いたあと、
水とエサを交換します。エサはペットフードのようなもの。紙の筒をたくさん置いているのは、暗くて狭い場所が好きな
ゴキブリの習性を考えてのことです。まったく何もなければ、ゴキブリもストレスを感じてしまいます。プラスチックケースの中で
飼育しているゴキブリも多くいて、蛇腹に折った厚紙で作ったシェルターがあり、床替えをしてきれいにするのが仕事です。
マスクと手袋をしてやるのですが、手にのぼってきたり、ダッシュで動いたりするとやっぱり怖かったですね。
この仕事を1年近くやっていました」(有吉課長)

ただでさえ不潔なイメージで不快このうえないゴキブリが大量にすむ部屋。実際に目の当たりにすると絶句するしか
ないのだが、有吉課長は「仕事だから…」と割り切っていたという。


続きはソースで
https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/trn/pickup/15/1008498/100901502/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1561273063/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ